ペロリストとは?【意味・周囲への影響・感染リスク】

ペロリスト

ペロリストとは、どういう意味なのでしょうか。

ペロリストの言葉の意味と、ペロリストが及ぼす様々な影響について説明します。

 

意味

ペロリストとは、指の先を舌でぺろっと舐めて、お札や書類、本のページ、スーパーの袋口をめくる人を指します。

 

なぜ指を舐めるのか?

ペロリストも、好きで指を舐めている訳ではありません。

重なった紙などをめくる時は、指先の摩擦力が必要です。

摩擦力は…

① 物に指先を押し当てる力の大きさ
② 指先の湿り気具合
③ 物に対する接地面積がどれくらいあるか

上記①~③が、大きくなるほど摩擦力が強くなり、指先で重なった紙をめくる時に、めくりやすくなります。

しかし、加齢・空気の乾燥・日常生活での指先への刺激などによって、指先の水分量が減少したり、指先の角質層が厚くなって、摩擦力が弱くなり、紙がめくりにくくなります。

だから、ペロリストの人達は、指先の水分を補って紙をめくりやすくするために、指先をペロッと舐めているのです。

 

年齢

指ぺろして紙をめくるのは、ある程度、年をとった人がする行為と思われがちですが、そうではありません。

指先に変化が表れ始めるのは、20代ぐらいからと言われており、20~30代で指先の乾燥を自覚している人もいます。

 

周囲への影響

ペロリストが周りから嫌がられるのは、自分の唾をつけて触ったお札・書類が衛生的に汚いと、周りの人は見ている…という事を自覚・意識していないからです。

周囲の人は、ペロリストが触った書類などを渡された時に、不快な気持ちになります。

ペロリストしか触らない物であっても、指ぺろしているところを周りの人が見た時、ガッカリしたり不快な気持ちになる人もいます。

 

感染リスク

2020年に新コロナウイルス( COVID-19 )が発生するまではペロリストの存在は、注意しづらいとか、言ってもクセは直らない、という理由から、仕方がないという風潮で見られてきました。

しかし2020年3月、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、

コロナウイルスが生存する時間を

空気中 … 最長3時間
銅に付着した場合 … 最長4時間
ダンボール表面 … 最長1日
プラスチック・ステンレスの表面 … 最長2~3日

と、発表しました。

コロナウイルスは、洗わない指や手で、自分の口に触れた時にも感染する可能性があります。

つまり、ペロリストの人達も、書類や紙・スーパーの袋などを舐める時に、自分自身が感染するリスクがあるし、自分が感染者である場合、指ぺろする事で、他の人を感染させてしまう可能性があるのです。

ペロリストの身近にいる人は、他人事とは思わずに、指ぺろを何とかして止めさせるように、行動すべきではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました